「ローカリズム宣言」内田樹/著

移住雑誌『TURNS』連載の「若者よ! 地方へめざせ」に大幅に加筆修正。

《都市から脱出する以上、資本主義の常識はいったん棄てる必要があります。
「脱都会」は同時に「脱市場・脱貨幣」経済へのシフト、「成長モデル」から「定常モデル」へのシフトを意味しています。 》(第3章 国家の「株式会社化」より)

守るべきは「お金」よりも「山河」。

内田氏は、成熟した社会の日本がこれ以上経済成長をめざせば、「教育、医療、治安、自然環境など
の公共サービスが、いずれ市場に投入され、金持ちだけが高度な教育や医療を受けて快適に暮らせる
社会になってしまう」と警鐘を鳴らします。あらゆるものが「お金」に一元化され、格差が拡大しつ
づける現代社会に、疑問を感じているすべての人にぜひ読んでいただきたい1冊です。とくに若い方
々が、「これからの日本」について深く考えるきっかけとなれば幸いです。


いま感度のよい若者は「都市」から脱出し、「地方」をめざしている
  
第1章  脱「経済成長」――グローバル資本主義は終焉する 
第2章 「山河」を守る――「成長」から「定常」へシフトせよ
第3章  国家の「株式会社化」――サラリーマンマインドを捨てよ
第4章 「定常経済」と「贈与」――先人の資産を次世代へパスせよ
第5章 「小国寡民」と「ハイパー・グローバル」
      ――「グローバリズム」と「アンチ・グローバリズム」の安定点を探せ
第6章 「廃県置藩」のすすめ――日本をローカルに「分節」せよ
第7章  地方で生きるということ――脱都会で人間的成熟をめざせ
第8章 「個人」から「集団」へ――共同体主義で犂躓´瓩鮠茲蠕擇譟
第9章  脱「市場経済」―−市場に委ねる部分を減らしていく
第10章 脱「地方創生」――地方創生の狙いは冷酷なコストカット
第11章 脱「国家」――国家の存在意義が急速に失われつつある
第12章 定常経済へ――「小商い」で生き延びろ
第13章 脱「マスメディア」――真偽を見きわめる直感力を身に
第14章 脱「査定」――これから君たちはどう生きるのか?

発行:デコ 予価1600円(税別)

「ローカリズム宣言」まえがき 内田樹の研究室より
http://blog.tatsuru.com/2017/12/05_1110.php

内田 樹(うちだ・たつる)
1950年東京都生まれ。神戸女学院大学名誉教授。京都精華大学客員教授。昭和大学理事。神戸市内で武道と哲学のための私塾「凱風館」を主宰。合気道七段。『私家版・ユダヤ文化論』で第六回小林秀雄賞、『日本辺境論』で2010年新書大賞。執筆活動全般について第三回伊丹十三賞を受賞。近著に『日本の覚醒のために』、『街場の天皇論』など。
販売価格
1,728円(税128円)
購入数