屋上野球 Vol.1 創刊号

球場で行われている”野球”よりも、
”野球”にまつわる何か、
”野球”について読むこと、語ること、のほうが好きになってしまった――

そんな倒錯的な現象を肯定する文化系野球雑誌です。
日本人なら誰でもその風景が浮かび、
ある程度のルールがわかる”野球”だからこそ、
人々の頭のなかにある十人十色の”野球”を、様々な切り口で紹介します。
————————————————————
● CONTENTS ●
野球文化人殿堂
<巻頭エッセイ> えのきどいちろう
——————————
特集 野球を失った野球小説 高橋源一郎インタビュー

<漫画>
「センチメンタル・ベースボール・ジャーニー」
〜『優雅で感傷的な日本野球』より 九井諒子
野球を失った野球小説ガイド
“意識”と”プレイ”  前田塁
野球の1/2  北條一浩
神様の野球ゲーム  荻原魚雷

野球は肉体を失っても野球である
―あるいは野球を失った野球小説について かつとんたろう
球歌 佐々木あららの野球叙情短歌
——————————
9+1 columns
キビタキビオ/藤原大輔/木村衣有子/田沢健一郎/細馬宏通/松永良平/栗栖章/近藤チマメ/石黒謙吾/ヨシノビズム
——————————
<リレー連載>野球がわからない
第1回 私だって知っている 南陀楼綾繁

<インタビュー連載>野球音盤な人
第1回 柳田真宏(元巨人ほか)
インタビュアー プロ野球 音の球宴

<小説>「二塁走者はマスクマン」 バルビーノ石毛

<対談>みんなが知らない野球映画に出会える名画座の歩き方
高橋洋二×のむみち(名画座かんぺ)

<インタビュー>
野球古書店ビブリオ 小野祥之店主
余は如何にして野球古書店主となりしか大学生だけど戦前野球の研究やってます
昭和20年代野球倶楽部って何だ!?

<野球ファッション・ルポ>
ベースボールキャップが渋カジに出会うとき 田沢健一郎
野球マンガ雑誌買いまくり日記 御手洗あつ彦
野球の新しい楽しみ方はじめてのなんJ講座

<連載>古本三角ベース とみさわ昭仁
野球盤のなか九つの一秒 鴨田潤

編集室 屋上・発行
A5判/96ページ/1000円+税
ロゴデザイン 大原大次郎
表紙イラスト 吉澤成友
ブックデザイン 横須賀拓
販売価格
1,080円(税80円)
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています